ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

2014.8.11
第4期「市民後見人候補者養成研修」がスタートしました!

 7月26日(土)より「第4期市民後見人候補者養成研修(基礎講習)」が受講生37名でスタートしました。

 第1日目の午前中は日本福祉大学 社会福祉学部の小松理佐子教授から『地域福祉と権利擁護~社会に貢献する市民後見人~』というテーマでご講義いただきました。市民後見人は地域福祉の担い手の一員であり、市民として生活している者だからこそできる後見活動が期待されており、家族や地域の絆が薄れていくなか地域のネットワークの一員として被後見人を支援していくことが重要であるというお話をいただきました。

 午後は弁護士の石川敦男先生から『法律から学ぶ成年後見制度』という内容で、法定後見制度・任意後見制度の概要について学びました。

 講義後のグループワークでは、講義の内容をふりかえり、活発に意見交換をしていただきました。
 「『その人らしい普通の生活を支える』ということは案外難しい」、「市民後見人は地域のネットワークの一員となって支援することが重要」といった意見が出ました。