市民後見人候補者の養成・支援

 判断能力が十分でない人を身近な地域で支援する「市民後見人」の養成研修を開催し、その後の活動を支援します。

 市民後見人とは、親族以外の市民による後見人のことです。
 センターが開催する「市民後見人候補者養成研修」を受講し、「市民後見人候補者バンク」に登録していただいた上で、家庭裁判所から選任された後、後見人としての活動が始まります。 

 市民後見人が適切な後見業務が行えるよう名古屋市社会福祉協議会が後見監督人として就任し、市民後見人の活動を支援します。