ウェブアクセシビリティ(利用しやすさ)への配慮について

ウェブアクセシビリティとは

インターネットの普及により、高齢者や障害者にとっても ウェブサイトは重要な情報源となっています。 しかし、情報を提供する側が適切に対応をしなければ、高齢者や障害者がウェブサイトから情報を取得できない、操作ができないという問題が発生します。「ウェブアクセシビリティ」とは、高齢者や障害者等、ウェブサイトの利用になんらかの制約がある方や、利用に不慣れな人々を含めて、誰もがウェブサイトで提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。

JIS X 8341-3:2016について

ウェブアクセシビリティに関する日本工業規格である「JIS X 8341-3:201 6」は、「主に高齢者、障害のある人及び一時的な障害のある人が ウェブコンテンツを知覚し、理解し、操作できるようにするために、ウェブコンテンツを企画、設計、制作・開発、検証及び保守・運用するときに配慮すべき事項」の指針として平成16年6月に制定、平成28年3月に改正公示されました。

アクセシビリティ方針

当センターホームページ(http://nagoya-seinenkouken.jp//以下の全てのページ)は、平成 30年度末までに JIS X 8341-3:2016 の適合レベル AA に準拠することを目標とします。

アクセシビリティに関するご相談について

当センターホームページのアクセシビリティに関するご相談は以下の担当でお受けいたします。ご意見やご提案のほか、アクセシビリティ上の問題で取得できない情報があった場合は、お気軽にご連絡ください。

名古屋市成年後見あんしんセンター
電話番号:
052-856-3939
ファクス:052-919-7585